Home > 自動ドア事業部 > 自動ドアのメンテナンス

自動ドア事業部/自動ドアのメンテナンス

自動ドアのメンテナンス

自動ドアは毎日使われるものです。日常の開閉動作による機械的消耗、電気的劣化に対し、定期的な点検や調整・部品交換を行い、常に自動ドアが良好な状態を維持することが、安全性確保のために必要です。

「硝和硝子(株)では、自動ドア施工技能士による安心サービスを展開しています。」

自動ドア

従動プーリ
経年劣化により摩耗や亀裂が起きると、異音が発生したり、駆動ベルトが外れ、扉の開閉が出来なくなります。
エンジンベース
レール面が磨耗するとスムーズな開閉を損ない、開閉動作のガタツキや異音が発生します。
センサー
自動ドア周辺を監視し、作動中だけでなく停止・待機中も常に周辺状況を読み取っています。利用者の安全通行・事故防止の為、状況に応じた調整が必要となります。又、長年ご使用いただくと感度・機能が低下しますので、点検作業により検出エリアの確認・調整を行ないます。
ドアハンガー
自動車のタイヤのように、通常走行で少しずつ磨耗します。磨耗が進行すると、異音や振動が発生したり、脱輪する危険性が高まり、他の部分にも悪影響を及ぼします。
ゴム製ベルト
経年劣化により、歯飛びが生じたり、切断することがあります。又、使用環境によってはキシミ音が発生します。
コントローラー
マイクロコンピュータによりドアエンジンを制御していますが、長時間ご使用いただくと、電子部品の性能が低下し制御不能となります。点検作業により機能低下を確認します。
ドアエンジン
モータコイル絶縁劣化、永久磁石の磁力低下や減速ギア等の摩耗が進むと、モータ出力低下や異音発生がおこり動作しなくなります。点検作業では可動部のガタツキ、異音等ドアエンジンの消耗を確認します。
自動ドア装置お取替え推奨年数表
分類 対象機種 取替推奨年数
又は作動回数
備考
ドアエンジン 旧 DS、新 DS、その他 7年間又は250万回  
コントローラ   7年間又は250万回  
ドアハンガー   5年間又は120万回  
ハンガーレール   7年間又は250万回  
操作スイッチ 熱線式、反射式、レーダー式、他 5年間又は120万回  
無線タッチスイッチ HW型、NW型 5年間又は120万回 取替は親機、子機、受信機を含む。
補助光電管スイッチ NP型 5年間又は120万回  
電気錠 SK型、SKD型 5年間又は120万回 取替は制御機を含む。
連結機構   5年間又は120万回 取替はプーリー、ベルトを含む
非常開閉用コントローラ R-60/75/150EOS、他 7年間又は250万回 バッテリーユニットの取替は3年間