HOME > プラスチック板 > アクリル規格品

プラスチッック板《アクリル規格品》

アクリルとは

看板やディスプレイ、照明カバー、ケースや水槽に

アクリルの透明性はプラスチックの中で一番で、ガラスをもしのぐほどです。
その為ショーケースや水槽に使われる事が多く、透明度の低下も極めて低い素材です。
また、耐候性に優れていて、屋外使用も特に問題ないため、電飾看板やディスプレイ、サインなどにも使われます。
切断・穴あけ・曲げなどの加工も容易にでき、接着剤による貼り合わせも可能です。

アクリルはショーケースや水槽として私たちの身近にあります。それはガラスをもしのぐ透明度を持っていて(ガラスの透明度が92%なのに対し、アクリルはその上をいく93%!!)、用途がたくさんあるから。
また、ガラスと違い、もし破損しても大きく飛び散ることはありません。実は、テレビの前面ガラスとしても使われています。

もう一つ、アクリルの特長として言えるのが耐候性です。太陽光や風、雨、雪などにも優れた耐候性を発揮し、長期の屋外使用でも変色がほとんどありません。弊社では電飾看板のカバーによく使用しています。

アクリルは強度や透明度の劣化が極めて低い素材です。条件により異なりますが、10〜20年ほどの耐久性があります。着色アクリルは一部退色するものもあります。

可燃性の一面も持っており、その燃焼性は木材とほぼ同じ程度です。400℃で着火、一般の消化方法で消化できます。板から火種を遠ざけただけでは火は燃え続けます。燃焼速度は遅く、引火性はありませんが炎や高温源には近づけないようにして下さい。

アクリルには《押出板》と《キャスト板》があります。

キャスト板

2枚のガラスの間にアクリル原材料を流し込み、固めて作る製法。

《長所》

  • 押出板に比べて硬度があるため反りにくい
  • 押出板に比べてヒビが入りにくい
  • 熱の掛かる加工がしやすい

《短所》

  • 板厚にばらつきがある
  • 押出板に比べて高価である
押出板

粘土状になっているアクリル樹脂をローラーから押し出して作る製法。

《長所》

  • キャスト板に比べ安価である
  • 板の厚さの精度に優れる
  • 優れた接着性。特に、溶剤接着(溶かして接着する方法)に向いている

《短所》

  • キャスト板よりも硬度が低いので反りやすい
  • 高速切削加工に向かない(過熱部分が融けるため)
  • 溶液や薬品でヒビが入りやすい

規格品販売はこちら オーダーメイド品販売はこちら お問い合わせはこちら

  • ぷらすちっく工房とは
  • 規格品購入はこちらから
  • オーダーメイドご注文方法はこちらから
  • ポリカーボネート板売り.com

硝和硝子株式会社

〒910-8533
福井県福井市開発2丁目121番地
TEL 0776-54-3355
FAX 0776-53-2735
E-mail plastickoubou@g-showa.co.jp
URL http://www.g-showa.co.jp/
» プライバシーポリシー
» お問い合わせ
» お取り引き